電子うさぎの記憶

ねこさんが大好きです。自然に囲まれて心を癒す途中のブログ
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月

+ ファントムペインは消えるか?

日進月歩という言葉を、間違って使っていました。

「お日様が進むスピードと、月が進むスピードは違うから、周りを気にしないで」という意味だと思っていたら、夫が「それは違うよ」と、意味を教えてくれました。

「毎日少しずつ進めば、ひと月後には一歩になってるよっていう意味・・・だと思う」って。

辞書を引いたら、「絶えず進む事」なのだそうです。

同じ言葉でも、辞書と一人一人の頭の中は違うんだな~って思いました。



昨日、「寿・臍帯納」と書いてある木箱を見つけて、それからずっと吐き気がしていたのですが、治まりました。

その中身を焼いたら、吐き気がぴたりと止まりました。

そういうものなのかもしれません。


これで、戸籍より強力で生物学的な親子の証拠がまた一つ消えました。

「それ」は、本当に気持ちの悪いものでした。


体が軽くなったので、本当に久しぶりに夜の散歩に出かけてきました。

まだ、ヒトが怖いので、人がいない時間に。

暗い夜道で、大きなクモの巣が見えなくて引っかかりました。
せっかく一生懸命作ったクモの巣を壊しちゃったので、なんだか申し訳なかったです。
でも、ちょっと慌てました。


近所の家の猫さんが来てくれて、いつもみたいにご飯を上げました。

心が軽くなったのが伝わっちゃったみたいで、猫さんも、ピョンピョンしていました。

ありがたいなあと思います。


そういえば、フラッシュバック(記憶の再燃)も、記録を見る限り、ひと月以上起こっていません。

虐待の記憶がひと月も再燃しないでいたのは初めての事なので、「こんなに楽なのか・・・」と思っています。

フラッシュバックは、体力と気力を奪います。

数日間、記憶が無いほどになります。

ただし、猫さんの事だけは覚えていました。ご飯とトイレの掃除と、話しかけてくれることに精いっぱい答えて・・と、私の命をつなぎ続けてくれました。

ここ数日間、猫さんの影が見えます。幻覚だったらそれでもいいですけど、夫は「その辺にいつもいるよ」と言うので、見間違いでもなさそうです。


減薬を始めて、のんびりペースで、時々「はい?」というほどグラフの線が暴れるのですが、それでも、ここ一週間ほど恐夢を見ていません。

起きる時に「今は夢ではなく現実。ここは実家ではない。ここは安全」と呪文を唱えて膝を抱えて固まるという事が無いということが、これほど楽なものなのかと思っています。

眠剤(ベンゾ・フルニトラゼパム)を減薬するのは、「眠れなくなるんじゃないか?」という恐怖感がありましたが、眠剤の摂取量が減っていけばいくほど、恐夢を見る頻度は減っています。

やはり、クスリが脳に与える影響は大きいのではないかと思います。

恐夢を見ない日が続くといいのですが・・・。これも脳機能の回復にお任せです。


夫が「もしかして、「ゆっくりしてね」と言っても、これまではユックリする方法を知らなかったの?」と言うので、私は「ゆっくりするというのは、じっと動かない事だと思ってたよ」と答えました。

「でもこれからは、今みたいにユックリできるといいね」と、ホッとしてくれました。


「臍帯」というものを焼いた時、母親の亡霊というか、生霊がうめき声をあげたように感じました。

生まれた時は無抵抗でも、もう、母親を焼く事が出来るようになっている自分に気がつきました。

私は、何を焼いたのでしょうか。

本当に、あの亡霊を焼き殺せたのでしょうか。

こんなに心が軽くなったのは、頭の中で母親が焼けていく姿を見たからかもしれません。

あの炎は、鬼火にそっくりでした。t-giga17.gif



【 2018/10/18 (木) 】 ・被虐待サバイバー考 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

電子うさぎ

Author:電子うさぎ

被虐待サバイバー
ベンゾジアゼピン減薬中。


リンクフリーです

ブログ中の文章や画像はご自由にお使い下さい
(盗んでも価値は無いと思うよ)

RSSリンクの表示
QRコード
QR