・子供が老人に見えた時が・・・

電子うさぎ

電子うさぎ

不思議というか、私にとっては当たり前の事なのだけれど、「ふつうってなに?」を打ち捨ててしまったので。


幼い時から「嫌だなあ」と思って、「これはどうしたら良いんだ・・・」と、人に言えずに、人の顔を見ないでいた時期があります。


向こうから子供が歩いてきます。

見る見るうちに、その子供が老人になっていく。

目をそらして、もう一度見ると、確かにその子供は「子供の風貌」なので、ホッとします。


あまり長く生きられない人は、ある一定の年齢の所までで変化が止まります。


嫌なものですよ。

若い人(子供も含めて)人が、老いた姿を見るのは・・・


だから、「もう見ない」と決めました。

でも、ちょっと気を抜くと、とても綺麗な人が見る見るうちに老婆になって行ったり、元気そうな人が見る見るうちに老人になっていくとか、子供が見る見るうちに老人になっていく姿を見てしまうのは、なんか申し訳ないので・・・

見えそうになると、目を逸らします。


こんな変なものがあっても、私からは何もできませんし、元気な人に「どの程度までの寿命か」なんて言ったら、返り討ちにされる事は必至ですし、第一失礼ですから、何もなかったようにしています。


意識して見るという訳ではないのですが、「意識して見ないようにする」という訓練を積むまで結構時間がかかりました。


私は、沢山の人が集まる場所があまり得意ではありません。

ただ、そういった「人の変化」が見えてしまうというか分かってしまうというだけではなく、物凄い雑多なノイズがある場所でそれに触れただけで物凄く疲労してしまいますから。


ただ、驚いた事に、何か大災害があった時、数万人の人が集まって普通にしているのですが、「被災地に対して、被災した方々に対して、心からの祈りをささげている(自分でも分かっていない人も居ると思うけれど)」と、物凄く静かで、ノイズが全く無く、大音量の音楽にもノイズが全くなくなります。
とても穏やかで、静かな・・・。その場が物凄く柔らかいものになって、数万人の人が誰一人としてネガティブな雰囲気ではなく、行動までネガティブなものがなくなりました。
(宗教の集会ではありません・コンサートですわ)

人の祈りの強さがあの人数だけ集まると、物凄い力になるのだと思います。


生命力って、科学ではまだ答えが出ないのではないのではないでしょうか。
かといって、「これこれこうだ」と決めつけてしまいがちなスピリチュアリティ(精神世界)も行き過ぎてしまうと、人の生き方をゆがませてしまう可能性があって、「自己啓発系スピリチュアリティ」は、触れそうになるだけで吐き気がします。(気分だけですけど)

人の精神的な迷いや苦しみを「お金」に変えようとする、その汚さが匂うのです。
独特の匂いです。
(臭いわけじゃないです)



t-giga2.gif
関連記事
最終更新日2019-01-09
Posted by電子うさぎ

Comments 0

頂いたコメントは公開しておりません。

+++コメント・メッセージ・感想はコチラへ+++

頂いたコメントや感想は、表示いたしません。
ご自由にご記入くださいね
(すみませんが、お返事はしておりません)