減薬/ 減薬中は車の運転は気を付けたいと思いました

電子うさぎ

電子うさぎ

ちょっとそこに行くまでに、車に乗る場所に住んでいるのですが・・・。


減薬開始後、どうしても行かなければならない場所があり、フルニトラゼパムを0.05mg服用した後、運転したのですが。
本気で危ないと思いました。

運転していて「眠いなあ」というのではなく、「一瞬眠ってしまいそうになる」という状態でした。


減薬が終了するまで、車の運転は控えておこうと思いました。


小学生の頃の校長先生の事なんて全く覚えていないのですが、校長先生の言葉で一つだけ覚えている言葉があります。

「注意一秒・怪我一生」という、何ともノスタルジックな交通安全標語なのですが・・・。


人をはねても、自損であっても、「どんなクスリを服用していた場合であっても、そのクスリによって判断能力が落ちてしまった場合の事故」は、私の全責任になります。お酒と同じではないでしょうか。


減薬を始めてからは、特に、車の運転をしないようにしていたのですが、今後は、いかなる理由があろうとも背に腹は代えられませんので、タクシーを使おうと肝に銘じました。


運転していない時(車から降りている時)は、何も感じないほどなのですが・・・


減薬が進んで、クスリの効きが良くなってしまったようです。




fc10.jpg

「処方薬って死なない代わりに、何も感じなくなるんだよね・・・」




関連記事
最終更新日2018-11-26
Posted by電子うさぎ

Comments 0

頂いたコメントは公開しておりません。

+++コメント・メッセージ・感想はコチラへ+++

頂いたコメントや感想は、表示いたしません。
ご自由にご記入くださいね
(すみませんが、お返事はしておりません)