+ 猫さんと共に育った私

電子うさぎ

電子うさぎ

猫さんがいなくなってから、というか、猫さんの魂が体から自由になった時から、いろんな事が起こります。

「気のせい、気のせい。脳のエラー」と片付けようとしたのだけれど、猫さんが居なくなる前から、いろんな事が起こっていました。


まだまだ、脳の解明が進んでいないので、全く分からないけれど、「脳のエラーで片付けられない事ってある」と認めざるを得ない事ばかり起こります。

日本には仏教も伝来してきているので、「四十九日までは・・・」みたいな事は多いのかもしれません。

でも、魂に日付・日数・時間・空間なんて意味がないですから・・・


まあ、良いんです。

「頭が変な人」みたいに言われたことも数知れずだから、「猫さんが居なくなる10日ぐらい前に見た夢」で心の準備をさせてくれたねこさんに感謝しているとか言っちゃっても良いと思う。

その一か月前に、猫さんが私に見せた表情は忘れないし(猫さんとは言葉ではないコミュニケーションを20年以上も続けてきたから、言葉なんてニンゲンのツールでしかないと思っていたりします)・・・

あまりにも色々ありすぎる。


単に、本当に「体」が肉眼で見えなくなっただけという毎日。

くるってるとか、変人とか言われ続けた過去があるから、これ以上は書かないけれど、「理屈や理化学が追い付いていない事」ってまだまだあると思っています。



いるんだよね・・・

膝の上に。


その辺をうろうろしてるし・・・


猫さんの体が在る時には、全ての場所に一緒には行けなかったけれど、今はそうじゃなくなってる。

地球の重力からも解放されてるから、ね。


親は、喪った子供の年齢を数えながら一緒に生きていくという考えを持っている人も居ると思う。

私には人間の子供は居ない。

でも、命に人間も動植物も差はないだろうと思っています。


関連記事
最終更新日2018-11-26
Posted by電子うさぎ

Comments 0

頂いたコメントは公開しておりません。

+++コメント・メッセージ・感想はコチラへ+++

頂いたコメントや感想は、表示いたしません。
ご自由にご記入くださいね
(すみませんが、お返事はしておりません)