+ 猫さんの魂が体から解放されてから5か月

電子うさぎ

電子うさぎ

猫さんの魂が体から解放されて自由になってから、「ペットロス」という言葉がネットに溢れている事に気が付きました。

どれも役に立ちませんでした。

彼女の姿がなくなっても、ふと気が付くと、私は猫さんがいつも居た膝の上に猫さんがくつろげる姿勢を自然にとっています。

彼女の長いしっぽを踏みそうになるのが申し訳なくて、ほぼすり足で歩く癖はそのままです。

彼女が居た場所はそのまま。

水を替え、カリカリを同じ時間に用意する習慣もそのまま。ただし、カリカリは用意しても今は無くならないのだなあと思って、この家の庭を散歩コースにしている猫さんたちの通り道に、そのお皿を置くようになっています。


彼女が階段を上ってくる音、気配、PCの前を横切る足、その辺で遊んでいる音・・・・

脳が覚えているのか、錯覚なのか、何なのか分かりませんが、それらはずっと続いています。


最初の数か月間ほどは事あるごとに自然に涙が落ちていたのですが、今は、一緒に暮らしているのと同じ状態に安住してみたら心が落ち着く日が時々あるようになりました。


彼女が息を引き取ったのは、2018年の皆既月食の少し前でした。

月が、これまでにも増して身近な存在になったのは言うまでもありません。


猫さんの「ちょっと!いつまで寝てるの~?」という鳴き声で飛び起きる事もあります。


もう少しで、猫さんは21歳になります。

猫さんが生まれた日が分からない状態で「必ず最期まで」と決心して一緒に居て貰えるようになってから、彼女が誕生日を迎えていくことが、私にとっては普通です。

関連記事
最終更新日2018-11-26
Posted by電子うさぎ

Comments 0

頂いたコメントは公開しておりません。

+++コメント・メッセージ・感想はコチラへ+++

頂いたコメントや感想は、表示いたしません。
ご自由にご記入くださいね
(すみませんが、お返事はしておりません)